現状復帰でトラブルにならないための得する情報~問題解決策~

2人の男性

入居時に確認する

お家

現状復帰のときに問題を起こさないためにも、入居するときにしっかり状態を確認しておくことが大切です。写真に残しておくことで、証拠になりますし、気持よく退去手続きすることができます。

借主の負担になる例

住宅

原状回復のことを知らないと、後々トラブルになることがあるので知っておいたほうが良いです。借主が負担になるのは、カーペットのシミ、油汚れなどです。普段から気を遣うことで、防ぐことができます。

トラブルを防ぐ

住まい

マンション修繕を行なうことは非常に重要なことでしょう。まず管理組合が自らマンション修繕を行うという姿勢を持っているかも重要になってくるのです。しっかりと計画を立てて修繕を行なっていきましょう。

トラブルを未然に防ぐ

一軒家

現状復帰という言葉はおそらく、全く耳にしたことがないという人は少ないのではないでしょうか。
賃貸物件を借りる時の用語で、退去する際にはこの現状復帰を行なって、借りた時の状態に綺麗に戻すことを言います。
この現状復帰にまつわるトラブルも、古今東西起こっていますから、実際に賃貸物件を借りた経験のない人でも、現状復帰という言葉自体は聞いたことがあるのではないかと思います。
借りたものを元の状態にして返すのはごく当たり前のことで、どうしてトラブルになるかわからない、という人がいるかもしれません。
ものというのは、時間が経つにつれて傷んでいくものです。傷まないように傷まないようにと、どれだけ気を遣っていたとしても、傷んでしまうのが形あるものの宿命です。
それをどこまで借主が負担して、どこからは家主が負担するのか、その判断は現状復帰の見方によって異なるためトラブルになりやすいのです。

現状復帰を行っていく際には、家主が負担すべきものまで借主に請求する、あるいは、借主が負担すべきなのに支払う意思がない、などが、現状復帰における主なトラブル事例となるでしょう。
基本的には、通常使用の範囲内での損傷であれば、借主の負担にはならないとされる現状復帰の取決めですが、中には特約などを設けている契約もありますから、借りる時には契約書をしっかり読み込むことが重要な作業といえるでしょう。トラブルを未然に防ぐための大原則と言えます。